母乳育児の解析系:安全な錠剤のリスト

母乳育児は、風邪、インフルエンザ、狭心症および他のウイルス感染性病理学の不快な症状を取り除くことが要求されるかもしれません。これらの疾患は、新しく生まれた女性の間では稀に見られますが、たくさんの不便をお届けし、文字通り赤ちゃんの世話をする必要があるときに力を奪う。

熱と上昇温度を引き起こす可能性があります

体温が高くなるにつれて、体温が高くなった発熱状態は、以下の数の疾患の特徴です。

  • 気道の敗北 - orvi、副鼻腔炎、扁桃炎、狭心症、中耳炎、副鼻腔炎。
  • 乳芽樹脂 - 乳腺の管内での牛乳の停滞。
  • 胸膜炎 - 胸腺の炎症。
  • 膀胱炎、腎盂腎炎。
  • 食中毒。

場合によっては、急激な温度の上昇の原因は自己免疫疾患 - 関節炎、全身性赤ループス、地殻、風疹または肝炎です。それらすべてが特定の治療と強制的な診察を必要とします。

母乳育児の解熱系

解熱資金はすでに15~20分で行動し始め、温度は徐々に鎮圧されます

温度が低温のために上昇した場合、あなたは薬のないそれに対処しようとすることができます。酢と豊富な飲酒が濡れた濡れた拭き取りが役立つ可能性があります。 2 - 3 TBSPの速度で調製された酢酸溶液中で。 l。暖かい水の1/2 Lでは、ナプキンは濡れている、それは肘と膝窩の曲がり、次に脇の下と胴体に巻き込まれています。

温度が38.5°のマークを超えて落下しない場合は、薬を飲むのが良いです。

どのような解熱手段が許可されています

泌乳期間中、パラセタモールおよびイブプロフェン、ならびにそれらの誘導体のほとんどが許可される。パラセタモールは、子供に悪影響を及ぼさないので、母乳育児の許容調製物です。それは少量の母乳を浸透させ、推奨投与量の服薬は3 - 4日以内に使用することができます。

同じ活性物質を含有するパラセタモールの類似体は、パナドール、ミラン、インフルエンザ、Rapidol、PifolaralganおよびCefeconである。 Paracetamol - Teraflu、Coldrel、Ferwex、インフルエンザル、Anvimax、Flucoldexに基づく組み合わせエージェントもあります。

それに基づくパラセタモールと資金は体温を減らすだけでなく、頭、歯科、および外傷後痛みを急速に取り除くのに役立ちます。

添加剤や補助物質がないオリジナルのパレセタモールを選択するのが最善です。これは、アレルギーや副作用を開発するリスクを減らすことによって、さらにママと赤ちゃんの両方を保護します。

パラセタモールとは異なり、イブプロフェンは解析系と鎮痛薬だけでなく抗炎症活性もあります。子供の健康を恐れずに服用できる薬物のリストにも含まれています。

Ibuprofenにはいくつかの類似体があります.Nurofen、Ibuprom、Ibufen。それらは錠剤、シロップ、直腸ろうそくの形で製造されており、3日間看護女性に使用することができます。

受付の特徴

子供に起こり得る損傷を最小限に抑えるために、錠剤やその他の形態の薬を摂取した直後に最高です。

パラセタモールとイブプロフェンはよく移されており、逆反応を誘発することはめったにありません。そのため、妊娠中の女性や乳房の子供でさえも適用することができます。準備は平均的な効果です。

パラセタモールは、血液形成システムに影響を及ぼさないので、他の非ステロイド系抗炎症手段と組み合わせることができ、出血の危険性を高めない。

母乳育児の解熱系

母乳育児をしているママは薬を選ぶ際に注意する必要があります

強力な抗炎症性、解熱性および痛みを伴う効果はイブクリンを有する。その組成はイブプロフェンとパラセタモールを有する。

しかしながら、パラセタモールが直接肝毒素の群に含まれることを知ることが重要である。許容投与量を超えるか、または長期間薬物を連れて行った場合、肝細胞は苦しむでしょう。したがって、丸薬が多いほど、肝損傷やより重い合併症のリスクが高くなります。

練習が示すように、解熱剤の1回の受容は母親や子供にとって危険ではありません。発熱が耐性疼痛症候群について保存または心配している場合は、医師に相談する必要があります。

次の記事で読んでください。母乳育児の麻酔薬

体温の増加(温熱症)は、体内の生理学的または病理学的変化に気づいている症状です。もっと頻繁に、彼は急性感染症の始まりまたは慢性疾患の悪化の始まりを知らせます。看護ママは例外ではなく、温度の上昇の理由は通常標準的なものですが、出産後の女性に固有の因果因子があります。

母乳育児の常温

微量の女の子

遷移牛乳の最初の流入(出産後3~4日目)では、内分泌系が新しいモードで再構築されます。今、生物資源は配達後の授業と回復を確実にすることを目的としています。高負荷のため、免疫システムは反応します 召命 :温度計は個々のノルム(37~37.5℃)を1~2度表示します。

典型的には、健康な人の温度は36.5℃から37℃の間に変化する。指標は、日の時間、身体的および心理的負荷によって異なります。出産後の胚骨は、2つの要因によって影響されます。産後のストレスとホルモン再構築の2つの要因によって影響されます。

看護母の温度は37.5℃に正常である。

腺内の母乳の蓄積が大きいほど、局所免疫が強いほど、温度は上に上げられます。女性が診断された場合(乳房の炎症)、指示薬は39℃に増加します。

給餌の1時間または30分間の温度を測定します。ミルク流入として、吸引を停止した後、温度計列が上昇した。

意見専門家

Sokolova L. S.

小児科医のより高いカテゴリー

看護師の誕生の最初の1~1.5ヶ月後、腫瘍温度[/ Wikisnippet]。乳腺にシールや結節がない場合、懸念の理由はありません。毎日の胸部排水を伴う、サーモメーターコラムは2ヶ月目の終わりまでに36.6に低下します。

研究結果

母乳CM-210(Terumo Corporation、日本、日本)を用いて合計47回、乳房皮革温度の温度を測定し、母乳育児中の局所的な温度変化を研究した。両方の腺において、皮膚温度は皮膚のベース温度よりも有意に高かった(供給完了後5分の吸引開始中)。出生後4日から8週までの乳腺に対する乳腺の平均温度は、送達後1回目の最初の1日よりも有意に高かった。これらの結果は、出産後の最初の日の間に乳房革の温度が上昇し、吸い込み中および児童飼料の終わりから5分後に高いままであることを示しています。したがって、泌乳プロセスは局所的な温度昇降を伴う。

どのように看護ママが気温を正しく測定します

女の子は気温を測定します

給餌中、各3番目の女性は温度が37.5~37.6℃に上昇しています。指標は天然で、通常は30~60分で減少します。したがって、消失後の温度を測定することは優れています。 五十路 牛乳の暗い。

勧告

  • 測定時間 - 給餌後30~60分、睡眠後1時間。
  • 脇の下の皮膚の皮膚は乾燥して拭きます。
  • 温度計は手をぴったりと押します。
  • 手順中に、動かないで食べないでください。
  • 測定期間 - 5分。
  • 乳製ダクトの停滞が疑われる場合は、両方の窪みで温度を測定する必要があります。

スウェーデンの科学者たちは、汗や衣服が脇の下の指標に影響を与えるため、T身体を学ぶための最も正確な方法は直腸測定であるという結論に達しました。この研究は2007年から2008年に323人の患者の関与を行いました(Source - Swedish Magazine The Local、出版された研究結果は、残念ながら失敗しました)。この看護ママのためのこの方法は排除されず、必要に応じて使用されています。

通常、温度計カラムは37~37.4℃のマークに保たれますが、37.7°Cを超える指標は体内の病理学的プロセスの存在を明示的に示しています。症状の診断と治療が必要です。

赤ちゃんを温度で母乳に授乳することは可能ですか

ママは赤ちゃんの赤ちゃんを餌にします

ウイルスや細菌が牛乳を浸透させる能力 - 母乳育児の失敗の基礎ではありません。人体の疾患の最初の症状がある前であっても、保護抗体が産生されます。これらの免疫グロブリンは母乳に浸透し、赤ちゃんに移し、受動的な免疫を形成した。したがって、子供の体は感染に対する戦いのために予め用意されています。

温度でのGWからの放射線に対する兆候:

  • 治療が必要とする重度の疾患。
  • 麻薬薬または化学療法の母親の任命。
  • 腎臓の疾患と泌尿生殖系の疾患の合併症
  • 血液感染(敗血症);
  • 結核;
  • 精製乳房炎。
  • 急性感染症 - 、副鼻腔炎、肺炎、赤痢、腸チフス、コレラ。

病理学の急性経過において、有害な微生物の崩壊産物が形成され、それは牛乳に浸透する。毒素が子供に落ちると、胃腸ミクロフローラのミクロフローラが乱され、プラズマ構造が変化します。赤ちゃんは中毒を経験しています。そのような状況では、母乳育児を止めることをお勧めしますが、授乳を止めないように牛乳を挽くことをお勧めします。

給餌は続く:

  • ;
  • 乳製ダクト(PUのない乳房炎)の閉塞の場合。
  • ;
  • 慢性的な病状の悪化の背景(安全な薬物の入学)。

害の可能性が母乳の利点を超えると、終了は緊急事態でのみ停止する必要があります。抗生物質療法でさえ、薬物はGV - セファロスポリンおよびペニシリン(セフトトリアキソン)との適合性が規定されている。

高温で何をすべきか

健康診断

最大37.4℃までの指標を持つと、パニックの理由はありません。まず始めると、温度を1~2日間監視することをお勧めします。増加は、高さのストレスや衝撃によって引き起こされる可能性があります。この場合、温度は日中に正規化されます。指標の成長が見られた場合、それは行動を起こす時が時間であることを意味します。

行動の一般的なアルゴリズム

  1. 母乳育児を止めないでください(過熱療法の原因を見つけた後に決定が行われます)。
  2. 症状の原因を診断する(医師を呼び出します)。
  3. FOLK法で治療を開始する。
  4. 家庭用治療の無効性に伴い、薬を適用します。

温度が重要ではない場合は、1~2日の状態で投稿することをお勧めします。摂食停止が急激に急激に急激に急激に急激な病気は熱と発熱を伴う。そのような症状では、母親の緊急入院が必要とされるかもしれません。

合併症の危険性を排除するために、温熱療法の検出後1日以内に医師に電話をかけることをお勧めします。

温度が38℃を超えない場合、推奨事項は豊富な飲用および半輸送モードに減少します。子供のための最良の免疫調節剤は母乳であるので、母乳育児を続けることが重要です。

温度が38~39℃の場合

SIGDITION、温度38

指標は重要であると考えられ、女性の体が自分で違反に対処しないことを通知します。解熱剤および薬物療法は、疾患の原因となるのを目的としており、推奨されます。

看護ママは伝統的な医学の方法を使って始めることができます。

  • 脱水を防ぐために、飲酒モード(1日当たり1.5~2リットルの流体)を観察してください。水希釈乳は発達を防ぎます。
  • 1日3回、レモンや蜂蜜(0.5 HD)でお茶を飲みます。この方法は、アレルギーの傾向の優しさがない場合に認められています。
  • ハイブリーやクリムゾンの葉を飲む(1 TBSP。沸騰水のガラスの原料のスプーン、30分間)。推奨される投与量 - 1日に2回ガラスにあります。朝と夕方。
  • 額をかなり圧迫する。
  • 酢の弱い溶液(1mlの水 - 1mlの70%酢酸)を廃棄します。

FOLK法の使用は、風邪の初期段階で効果的にです。しかし、看護母親の温度が3日より長くなっていない場合は、解熱薬が必要です。

母乳育児の解熱系

イブプロフェンとパラセタモール

民俗療法によって温度が撃墜されない場合、セラピストはParacetamolとIbuprofenに基づいてエージェントを推薦します。製剤は泌乳障壁を貫通していますが、乳児の体にとって安全です。

許可されています

調製物は熱、痛み、炎症に対して行動します。錠剤、懸濁液、キャンドルで製造されています。異なる形態の解放露光時間の違い。シロップは15~20分、錠剤 - 30~40分後、直腸懸濁液 - 1時間以内に作用します。温度を緊急に混同する必要がある場合は、懸濁液やカプセルを飲むのが良いです。夜に直腸ろうそくをお勧めします。

禁じられた薬

アスピリンは不可能です

  • アスピリン;
  • ニメイズシル;
  • fervex;
  • コールドレックス;
  • Naz;
  • ネムレックス。

母乳に対するこれらの薬の効果は研究されていないが、副作用のリストは、これらの手段をGUVに適用することを拒否するための機会である。複雑な粉末の組成は、中枢神経系の仕事を踏み込んで赤ちゃんの発生における違反を誘発する物質を提示します。

温度での牛乳の粘膜を得ることができます:停滞の原因

看護母親のレビューによると、上記の体Tが増加して、38.0°Cは牛乳よりも少なくなります。しかし、小児科医は、熱の理由が泌乳や乳房炎に関係がない場合、飼料量の変化は認められていません。飲酒モードを観察し、通常のスケジュール以上で子供を胸に塗布することが重要です。

結論

看護女性のわずかな温度上昇は、送達後の免疫の弱さによって引き起こされる通常の現象です。あなたが58時間の温熱療法の原因を診断し、すぐに治療を始めるならば、症状は3日以内に後退します。同時に、乳房飼料の拒絶は、症例の9~14%の症例で正当化されます。他の状況では、その体をさまざまな感染症から保護するために、赤ちゃんの付属品を胸部に参加させる必要があります。

参考文献一覧 :

  1. 乳房皮膚温度の変化 - J Hum Lact。 2007年2月23(1):60-9。
Sokolova L. A.

Sokolova L. S.

ポジション: 記事編集者。 資格: 最高のカテゴリの小児科家。

1977年に彼はゴービーメディカル研究所を卒業しました。特殊な「小児科」のS. M. Kirov。 25年間彼は絶妙な小児科医として働いた。

今日、温度を効果的にノックダウンし、素早く立ち上がるのを助けるための多くの薬があります。しかし、授乳は授乳しているため、ほとんどの薬を服用できません。牛乳を通して、薬の内容物は体に陥ります。これは必ずしも安全ではありません。

温度

授乳時に温度が上昇した場合はどうなりますか?熱をノックするためにどの薬が飲むことができますか?母乳育児を続けるべきですか?これらの側面を見てみましょう。

授乳中の温度測定方法

授乳中または摂食または不平を言う直後に、全乳房で温度を測定することは不可能です。この期間中、同時に常温は37.1~37.3℃になります。

右側の指標を得るためには、給餌や不平の後の30分後に温度を測定することができます。

高温の原因:

39度を超える温度では、必ず医師に相談してください!そのような高温は危険な疾患の症状であり得る。そのため、理由を見つける必要があります。また、あなたは難しさにつながる可能性があるので、あなたは自己薬を服用してはならない!

温度中の母乳育児

病気の間に乳児を養うことは可能ですか

看護ママを心配するもう一つの質問は、赤ちゃんに母乳を養うことが可能です。 医師は授乳をやめないように勧めます。 結局のところ、ミルクと一緒に、子供は有用な要素と保護物質を受け取ります。 MOLOKに感謝し、赤ちゃんは感染しません。

また、新生児の磨耗を保護するために ガーゼの包帯やマスク。 研究もまたその高温を示しています 牛乳の味や品質に影響を与えません 。いいえでは牛乳を沸騰させることはできません。そのような処理は保護抗体を殺す。

フォーク救済療法

看護師の温度が上昇した場合は、薬局薬を飲んで急いでいません。民俗医学も効果的です。主なことは安全な方法を使うことです。

吸入治療

冷母育児の間、温度はノックダウンすることができます 吸入 。これらはゆでジャガイモ、一滴のユーカリまたは醸造されたカモミールを伴う沸騰水である。

風邪をひいてくれるでしょう 足のための浴場。 水にマスタードパウダーを加えます。就寝前に手順を実行してから、ウォームソックスを着て、足を毛布に包みます。

病気中 より多くの流体を飲む 。母乳育児では、最適なバージョンは煮水です。あなたも飲むことができます 蜂蜜、ジャム、レモンのお茶 。しかしながら、幼児がアレルギーを持っていないという条件のみ。

行う hotbracks しかし、植物を選ぶときは注意してください。だから、ミントと賢人は母乳の生産を減らします。母乳育児の場合は、カモミール、evalip、ジュニパー、メリッサからの注入を飲むことができます。これらのハーブは抗炎症性および抗ウイルス効果を持っています。その日の間に治療薬、ティーと水を飲む。主なことは飲酒が暖かいということです。

寒さからのお茶

熱を取り除くもう一つの人気のある方法 - 酢で浪費する。 しかしながら、酢は血液を浸透させるので、解決策は非常に弱いはずです。 50mlの温水中で30~40mlの酢を注ぎます。成人のために、1:1の溶液が作られていますが、母乳育児用量では用量を減らすのが良いです。

寒くて暑くない暖かい水を服用することが重要です。さもなければ、患者は血管の鋭い狭窄のためにしか悪くなることがあります。標準のテーブルソリューションのみを追加します(エッセンスではありません!)6~9%の濃度。

組成物をかき混ぜて、手のひらと足で適用し始めます。それからあなたの首、脇の下、膝に行きなさい。拭いた後、シートやわずかな毛布を覆います。

温度をノックダウンすることもできます 酢を圧迫する 。 15~17mlの酢200mlに命令する。布を湿らせた組成物をかき混ぜる。額を置きます。

med med

med med

多くの薬物が短時間で温度を除去します。それはフェルズ、カシレックス、Teraflu、そして他の多くのものです。しかし、そのような薬は赤ちゃんに非常に有害であり、母乳育児期間中に禁止されています。これらの薬物の組成は、牛乳の組成を変化させそして構造に悪影響を及ぼす成分を含む。

人気のテレビドクターコマロフスキーを含む医師は、パラセタモールを撮ることをお勧めします。これは活発な解熱剤であり、これは体から急速に排泄され、乳児を傷つけない。

IbuprofenやNOUROFENを取ります。非常に効率的で安全な手段。しかしクエン酸塩は乳児にとって非常に危険です!

取るときは、規則を実行することが重要です。

  1. 28度を超える温度でのみ錠剤(またはキャンドル)を飲む。
  2. 医薬を最大3日間にしてください。
  3. この間、熱が眠らなかった場合は、必ず医師に相談してください。
  4. 許容投与量を超えないでください。これは指示に記載されているか医者によって任命されたものです。
  5. 飲料水だけを絞る。
  6. 温度が39度を超えて上昇した場合は自己服用しないでください。
  7. 必ず子供の状態に従ってください。アレルギーまたは他の障害の最初の症状では、直ちに薬を飲むのをやめる。

続きを読む、母乳育児の解熱薬を作る方法は、ここでhttps://vskormi.ru/mama/prastuda-pri-grudnom-vskarmlivanii/を読んでください。

気温での母乳育児

知られているように、高温は疾患ではなく、症状である。したがって、看護師が熱を始めた場合は、それを原因で理解する必要があります。適格な医師だけが診断され規定されている治療を受けるべきです。自己治療は、若い母親の場合には、どんな人のための悪いシナリオです。また、母乳育児の中断や継続を決定するのは専門家でした。今日、胸からの赤ちゃんは極端なケースを取ります。自然給餌の継続は子供の健康にとって非常に重要です。そして、その決定が医者にとって残っているという事実にもかかわらず、どのシナリオがどのシナリオが可能であるかを知ることができます。

母乳育児を拒否する価値がない場合:

母親が病気やVizに落ちた場合(これは高温の最も一般的な原因です)。事実は、この期間中に母乳と共に、極めて重要な抗体が体の体に入ることです。子供の免疫システムを形成する必要があります。赤ちゃんがママに感染しているならば、それは病気をより簡単にするでしょう。もちろん、この場合、女性は薬を拠点とする薬物のみを取ることができます。

ラクトスタス乳が始まった場合(腺の牛乳の衝突)または乳房炎(乳房の炎症)。重要:乳房炎は、ケース炎に精製プロセスを伴わなければなりません。このような場合に胸に赤ちゃんを適用すると、母の状態を促進し、将来的に合併症を避けるのに役立ちます。乳房炎は母乳育児への障害ではありません。 PUのない乳房に密封されて限られた炎症のみが登場した場合、餌を餌にすることができます。強い痛みの場合と精製感染症の外観の場合、子供の痛みを一時的に停止する必要があります。同時に、痛みの乳房からの牛乳は定期的に吸っている必要があります。健康的な母乳育児を続けるべきです。

母乳育児が不可能だと:

  • 熱が39℃を超えて上昇した場合発熱中、牛乳は味と一貫性を変えています。これは後で乳房から子供の拒絶を必要とするかもしれません。

  • 母親が慢性腎臓病、肝臓、心臓、気道または他の内臓の臓器を悪化させた場合。

  • 高温の原因が胸部中の精製炎症過程によって複雑になった乳房炎になった場合。

  • 女性が抗生物質を治療するように任命された場合

#promo_block#

母乳育児で温度を測定する方法

摂食(または不満)後30~40分後にのみ腋窩うつ病の温度を測定することができます。ママが健康であるとしても、胸がいっぱいになると、温度計は37.1~37.3℃を示すでしょう汗を拭いてください。水は熱を吸収し、データが間違っている可能性があります。通常お勧めの産婦物件を使用することができます - 肘曲げの温度を測定します。

ムーインが治療を診断し指示するために医師に相談する必要があることが確かに医師に相談する必要があると思います。自分でやらないでください。おそらく温度を下げる唯一の安全な方法は豊富な飲み物です。レモンやジャム、蜂蜜、有用な圧意と果物でより多くのお茶を飲む。もちろん、これらの飲み物を飲むとき、あなたは赤ちゃんがその部品にアレルギーを持っていないことを確信する必要があります。

314159。 0

乳房の栄養は看護母親の診断と治療に依存します。母親が寒さ、彼女の温度または嘔吐で病気になった場合、母乳育児が可能であるかどうかを理解していましたが、乳腺腺は膨張しました。それは抗生物質を服用したり、一時的に混合物に行く必要があります、そして赤ちゃんがお母さんに感染してもらえますか?あなたが病気である間、母乳育児についてのすべて、 - 新生児学会マスクヴェナヤニクコーンとの会話。

- Valery Maksimovna、私の母が病気になったら私の母はどのような場合に母乳育児になりますか?

- 母乳育児が厳密に禁止されている疾患はたくさんあります。それ以外の場合は許可されていますが、考慮に入れる必要があります。そして、母乳育児と互換性のある治療を任命することが不可能であれば、ママ母乳育児のための重要な証言で、薬物の受け取り期間のいずれかを完全にします。治療中に摂食の可能性については、常にあなたの医者に相談する必要があります。

看護ママが病気になった:私は養うことができます

私の母が病気になったら子供に餌をやることができます

  • インフルエンザ、アーヴィ
  • 中毒
  • 寛解段階における慢性疾患
  • GWと互換性のない抗生物質による治療はありません

病気の症状の状態と消失を安定させるために一時的にHBを停止することが必要です

  • 胸の上のヘルペス
  • 膿瘍
  • 母乳育児と互換性のない薬の使用

乳房と包囲された母乳で餌をやることは分類不可能です。

  • 淋病
  • HIV感染
  • 結核
  • 子供の先天性代謝障害

- この病気は牛乳の生産に影響を与えますか?

- それはすべて病気に依存しています。高温では、乳製品が上昇または嘔吐を伴う疾患で増加する可能性がある場合、その発達が脱水の背景に対して著しく減少する可能性があります。しかし、血ばんの防止を実行すると、おそらく牛乳の量はわずかに減少します。

- 疾患の後、子供の無菌性と安全性をテストするために、分析に母乳を寄与する必要がありますか。

- 病気の経過を評価するために医療分析が行われます。みんなが考えているので、牛乳はそのような滅菌製品ではありません。母乳に存在する可能性がある病原性生物をお母さんで呼び出すことができますが、これは子供が病気になるという意味ではありません。

女性の体内の感染症では、牛乳、次に赤ちゃんの体内に分類された特定の抗体が産生されます。彼らは子供の体が感染症に抵抗するのを助けますが、子供がまだ病気であるならば、通常、この病気は軽い形で起こります。

母乳育児

母乳育児と薬

- 抗生物質を服用した後、母乳育児が中断されたら、再び母乳育てることができますか?

- 各薬は、血流中の排除のための独自の時間、受信の終わりの物質がまだ体内に存在する期間です。これに焦点を当てたら、医師はママが子供を再び養うことができるようになるときにあなたに言うでしょう。薬物のキャンセルの後の日に赤ちゃんの胸に与えることができる人もいます、そして、誰かが物質が体から完全に表示されるまで週を待つ必要があります。

- 冷たい看護ママの治療方法、どんな薬物が許可されていますか?

- ORVIの治療は、看護や非焦りない女性では違いません。今日、この病気に推奨されるであろう抗ウイルス薬物。

GUVのための風邪の治療

  • 大量の暖かい飲み物、ミルクを飲む
  • 鼻水の溶液で鼻洗浄
  • 温度を下げるためにイブプロフェン

重要!この物質は母乳に浸透し、血管収縮薬効果を有するので、オキシメタゾリンによる滴をまとめる必要があります。

インフルエンザはより深刻な病気ですが、その治療はARVIの治療と似ています。医薬品は症状に応じて処方され、その後、母乳育児を続けることが可能であるか、それを止めることがより良い場合、質問は解決されます。いずれにせよ、治療は医師を割り当てて管理する。

赤ちゃんウィットに感染しないでください

  • 絶えず換気されています
  • 子供との摂食や密接な接触中にマスクを着用してください(朝から夕方にマスクを着る必要はありません、それは限られた期間を持っています)
  • それは絶えず幼児を洗うかドレスアップすることを意味しません
  • 免疫を強化するための子供の準備をすることは意味がありません

呼吸器疾患は、最初の臨床症状の前に特に危険です。これは、ママがその徴候の開始前に病気を疑わないかもしれないこと、そして同時に赤ちゃんに連絡し続けることを意味します。

母乳の銀行

ママが病気になったらフィードベイビーより

- 母親が病気になったら、母親が長い治療を受けている場合、子供を養蜂する方法、そして母親が「強い」抗生物質を飲み込んでいるのは、子供を養う方法、そして子供を与えるものは?

- ママが彼女が扱われるべき長い治療を受けていることを知っているならば、あなたは母乳の個人的な銀行を整理することを試みることができます。これは、特に母乳乳が必要に応じて正確に生産されている場合、特に確立された授乳を伴って非常に簡単です。

特に突然の治療の必要性を持たない場合は、母乳育児と互換性がない場合、残念ながら、私たちの国ではすぐに人工給餌に変換します。同時に、母乳のドナー缶はヨーロッパやアメリカで作成されています。

- 病院で抗生物質や治療を受けるときに授乳を守る方法は?回復後に母乳育児に戻ることは可能ですか?

- ママのやる気が高いので、子供のない授乳を節約できます。治療期間中、特にプロラクチンホルモンが製造されたとき、2~2.5時間ごとに加わる必要があり、乳酸塩を刺激する。可能であれば、胸を吸わない場合でも、可能であれば、十分な飲み物があるはずです。これはすべて牛乳の生産を支持しています。

- お母さんが病気になるまで、子供のミルクの混合物は子供を養う方が良いですか?

- 混合物は、子供の年齢と特徴を考慮に入れて個別に選択されます。赤ちゃんを人工摂食に移す必要がある場合、それはたとえばママコの混合物に来るかもしれません ®ヤギのミルクのプレミアム。それは快適であり、良い組成を有する、必要な栄養素、ビタミンおよびミネラル、前プロバイオティクスを含みます。

それが胸に厳密に禁忌である病気はほとんどありません。他の場合では、母乳育児は、ママの完全な回復と薬のキャンセルが禁止または停止されません。私の母親が母乳育児を止めることを余儀なくされているなら、授乳を続けたいのであれば、あなたは常に結合する必要があります。母乳育児のキャンセル時には、個々の母乳の銀行が使用されているか、または乳汁混合物が使用されます。治療戦術や離乳食の選択は医者と一緒に行われなければなりません。

新生児医Valery Maksimovna Schelknova.

*胸のための完璧な食べ物は母乳です。最初の6ヶ月間に母乳育児を推薦する人。ママコ。 ®この推奨事項をサポートします。新製品の食事療法に新製品を導入する前に、専門家に相談してください。

MOMでのHBの温度の上昇:それは射撃する必要があり、私は給餌することができますか?

母乳育児期全員の間、ほとんどの女性は少なくともかつて有形の倦怠感を経験します。しばしば - 温度上昇で。看護母親の温度の上昇を示すことができるのは、どのように正規化され、それが混合物の緊急に緊急に翻訳する必要があるかどうか - それについて説明します。

母乳育児とママでの温度の原因

彼らは異なることがあります。ほとんどの場合、MOMのHBの温度は次のことを証明します。

  • 風邪 - orzまたはorvi。
  • 特に看護母親と温度、そして下痢の場合と同時に腸の感染症、
  • 内臓の慢性疾患の悪化 - 腎臓、肺、消化管路;
  • 停滞:例えば、託児防止時の温度と看護母親の乳房炎は39~40度まで増加する可能性があります。

さらに、看護母の体温の増加が、出産後の最初の数日または数週間で起こると、子宮または他の婦人科疾患における炎症過程についても程よくすることができる。

看護母親が温度を上昇させ、さらなる治療や摂食のために戦術を開発する理由を適切に決定するためには医者に相談する必要があります。診療所を訪問することによってその状態を悪化させないために、家にそれを呼び出すことをお勧めします。

腸内感染と母乳育児

私はお母さんでGWの温度で胸から子供を服用する必要がありますか?

人気の信念に反して、必ずしも適切ではありません。例えば、女性が単に寒さである場合、それは飼料を摂取することが必要である:この期間中、特異的抗体はその体内で産生され、それはパン粉の生物に牛乳と落ちる、その形成において活性部分を取りますその免疫。もちろん、ARZまたはORVIのために、看護母の温度が上昇した温度は、乳児との接触中の予防措置に従います。手を徹底的に洗い、使い捨てマスクを着用してください。

乳房筋および乳房炎では、摂食はすべて表示されています - それは牛乳の停滞を減らし、そして一般的な状態を促進するでしょう。しかし、看護母親の乳房炎の温度が乳房からの精製放電を伴う場合、病理学が完全に排除されるまで子供を混合物に移すことによってプロセスを一時的に停止する必要があります。このとき、女性は牛乳を挽くことを強くお勧めします。

それは摂食を中断し、急性腸内感染では意味があります - 病原性細菌がミルクと一緒に子供の体に入る可能性があります。

他のすべての場合では、MOMが温度を持つのであれば母乳育児にかなり可能です。本当の、ここでいくつかの点を考慮する必要があります:治療に使用される薬は母乳の品質と組成に影響を与えるべきではありません。

これに関連して、合理的な問題が発生します。抗生物質はどうですか?彼らは子供を持つ子供を引き起こしますか?リスクを避け、摂食をやめないようにするために、最初に医師と相談するために、次に、慎重に指示を調べるために続く。薬物排出期間が、例えば6時間後に、次の投与量を取る前に、子供を養うことが非常に可能である。または牛乳を送って、それを後続の摂食の1つに使用してください。

GVの温度

気温を正しく測定する方法

看護母親の温度が37.2程度である場合はパニックしないでください。その上昇の理由はいくつかあります。

  • 摂食の前に - 混雑した胸のため。
  • 摂食後 - 子供の体と密接に接触し、その結果として皮膚の過熱。
  • 測定エラーのためにいつでも -

これを回避するためには、あなたは看護ママの温度をどのように修正するかを知る必要があります。子供の食事の完成から15~20分後に行われるべきです、温度計が置かれる場所、冷たい濡れた布を予め保護する必要があります。

汗測定ゾーンを排除することは、逆に、任意の液体と同様に熱を吸収することができるので、それに逆に値を減らすことができる。ちなみに、それが考慮されているので、汗をかいた体の状態の測定であり、それが考慮されていないので、看護母親の温度の低下の頻繁な原因の一つである。

伝統的に、ほとんどの人は脇の下の温度を測定します。しかし、医師は健康状態に関する客観的な情報を入手するのに最適な場所ではないと主張しています。したがって、私たちは、専門家と一緒に、肘曲げの看護母の温度を測定することをお勧めします。これにより、誤差が最小限に抑える可能性が低下します。

母乳育ての温度

私たちは母乳の温度を普通に縮小します。資金の選択

ただし、すべての条件が完了し、温度計が看護母親で高温を示していると想像します:ノック方法とそれをするのはいつですか?

他のすべての人々のために、GW上のMAMのための温度を修正する必要がある値。 38~38.5度未満の指標は必要ありません:それはウイルス、感染または他の病理学に対処するために体を与えることをお勧めします。

看護母の温度では、緊急の対策が39より上に必要です。これがあなたがこの場合に医師をやっていることをお勧めするものです:

  • 解熱薬を許可する パラセタモール ,Nurofen。 и イブプロフェン。 。これらは看護母親を持つ最も安全な温度の錠剤です。さらに、子供の解熱薬にも入ることさえあります。つまり、子供の危険性を表していません。しかし、アスピリンの受信、ならびに染料や味のさまざまな瞬間の「スピンドル」の控えめに、それは控えるほうがよいです。ところで、牛乳の組成に対する薬物の影響をさらに最小限に抑えるために、パラセタモールまたはイブプロフェンに基づく看護母親のために温度からキャンドルを使用することができる。 . この場合、薬物の構成要素は牛乳に落ちないことが保証されています。しかし、それらの効果は錠剤からより顕著ではないでしょう。
  • たくさんの暖かい液体を使ってください。それはきれいな水と様々な漢方薬、蜂蜜、果物の茶、フルーツ、ジュース、未融合の小さいものの両方になることができます。主なことは、子供があなたが調理に使用する成分にアレルギーを持たないことです。しかしながら、乳房安定性を有する看護母親に温度が上昇した場合 - 液体を使用するために注意を払うべきである。
  • 酢酸水まで歩いてください。離婚した酢はよく温度を下げ、アルコールとは異なり、GWの間に分類されていることを使用するために牛乳に浸透しません。しかし、酢酸は拭き取りの形式だけでなく、圧迫の形でも使用できます。また、「熟練した靴下」 - ソリューションで湿らせた靴下、足に着用してください。

最後に - 有用なアドバイス:症状なしの看護母親には高温があることがあります。これは過労の結果として、危険なサインの結果としてのものです。事実は、妊娠、出産および母乳育児によるホルモンの変化がしばしば鈍い痛みや他の不快な感覚であるということです。だからこそ、そのような州と常に医師に相談する必要があり、徴候があれば、診断を確立するために必要なすべての検査を渡します。

看護母親の温度 - 何をすべきか?

"バック 母乳育ての温度

看護母親の温度。

原則として、彼らの赤ちゃんを看護する女性は、子供たちに害を及ぼすことを恐れて、彼らの健康問題に対して非常に責任があります。懸念の最も一般的な問題は、看護母親の温度を高めることです。その理由はたくさんあります。

子供の誕生後の最初の週のGWのGWの高温は、乳房の炎症と産後の合併症に関連しています。そして妊娠の終わり、そして女性の体はしばしば枯渇し、ヘモグロビンのレベルです。免疫を弱める理由として機能する。母親と乳児が必然的に崩壊している院内感染症は、乳房内で炎症反応を引き起こす可能性があります。感染は、赤ちゃんの胸の摂餌中、特に間違った握りや乳首の亀裂の外観を伴って行われます。そのような状況での温度上昇の理由は間違いなく、胸部の痛みは成長しているので、発赤、インフルエンザ様症候群です。

ラクタンザ。泌乳時の温度を上げるもう一つの理由は産後合併症です。彼らは必ずしも女性にとって明らかではないので、特に明示的な理由なしに、出産後30日間上昇した場合、産科病院で医師に会う必要があります。術後期間の特徴的な問題、温度の上昇母乳育児の間、泌乳、感染性、急性呼吸器疾患、温度が上昇すると慢性疾患の悪化によって引き起こされることはありません。

母乳育児の温度、何をすべきか?

看護母の気温もちろん、女性は母乳育児の温度の上昇を心配しており、質問が発生します。

  • 温度は牛乳の品質に影響を与えますか。
  • 突然、その中の何かが破壊され、有害になります。
  • 感染は子供に牛乳に到達することができます。
  • 解熱薬を服用することは可能ですか?

若い母親は興味があるかどうか、気温で母乳育児を続けることが可能であるかどうか。間違いなく - はい、それがお母さんで著しい不快感を与えないならば。子供のために、それは完全に安全であり、そして温度上昇がARVIによって引き起こされる場合には便利です。母親の生物は、子供が牛乳と一緒になる保護免疫グロブリンを生産します。したがって、牛乳は特定の治療および予防剤になります。これを知っている多くの母親は、あなたの赤ちゃんの噴出口の中でミルクを興奮させます。乳房の炎症が乳房炎である場合、頻繁な給餌は回復のための前提条件です。もちろん、牛乳が牛乳に放出された場合、子供を与える価値がない。他のすべての場合において、牛乳の品質は苦しんでいません。

看護母の温度を下げることは可能ですか?

気温での母乳育児もちろん、温度は低下し、単に必要です。一般的な規則に準拠するために:

  • 38.5秒以上であれば温度を低下させる。
  • 投与量を超えないでください。
  • 自己治療は3日以内では可能ですが、医師に助けを求める必要があります。

温度上昇が泌乳の背景に対して胸部の痛みと組み合わされた場合、子供の誕生後1年半、または出荷後30~40日後に腹部の下部にある。緊急に医師に会いましょう。おそらく、感染性および炎症性疾患が発達し、そこで深刻な結果を回避するためにできるだけ早く治療を開始する必要がある。

温度を下げる方法?

温度を下げる方法看護母親は成人用投与量でNoofeen(イブプロフェン)とパラセタモールを服用することができます。一部の看護母親は、普通の錠剤ができないと考えています。活発な薬物物質は同じであるため、これは妄想です。子供のために、それは投薬と受信の利便性のためにシロップに溶けます。大人は、薬物の必要な有効量を取得するためのシロップの数によって和らげます。赤ちゃんへの不寛容では、シロップの幼児の成分は通常の錠剤で分けて年齢によって線量を得ることができます。それは克服され、それを母乳や甘味水で与えます。それは圧迫と吸入の禁忌です!自己瞑想しないでください、時間内に医師に連絡してください!

Добавить комментарий