顔の皮の発赤 - 分類、原因(物理的、病理学)、治療、発赤、写真

このサイトは自分自身を理解するためだけに参照情報を提供します。疾患の診断と治療は、専門家の監督下になければなりません。すべての薬は禁忌です。専門家の相談は必須です!

顔の皮膚の発赤 - この現象の生理学的本質

発赤 ほとんどの症例の人は、その飼い主が取り除く傾向がある痛みを伴う化粧品の欠陥を超えていませんでした。しかしながら、この現象は急速に消失する一時的な理由だけでなく、様々な病状によっても、そしてこの場合、皮膚の発赤は疾患の証拠を未然に示している。

生理学的メカニズムの観点から、原因にかかわらず、顔の皮膚の発赤は血管の拡大です。すなわち、断面の血管の血管の拡大は、それらが表皮の表面層を通して「輝く」し始め、皮膚に特徴的な赤色を与える。皮膚の密度とその生理的色に応じて、拡張された血管は赤いスペクトルの皮膚の異なる色を与えることができます - ピンクがかった赤から明るい赤またはラズベリー - ブルゴーニュからさえも。

そのような血管の拡大の理由は多くのものであるので、広範囲の多種多様な要因が血管階調に影響を与え、さらに互いに相互作用し、それらの単純な演算よりもはるかに高い組み合わせ効果を有する。顔の皮膚の発赤のこれらの因果的要因は、生理学的および病理学的の両方であり得る。 顔の発赤 生理学的要因の影響下では、原因の影響を排除した後、急速に通過し、悪影響を及ぼさない。病理学的要因の影響下での顔の発赤は、いかなる疾患の兆候であるか、または生理学的反射の違反を反映しています。人の生理学的発現はその排泄のための処置を必要とせず、病理学的因子を排除することを目的としたさまざまな方法と血管反応の重症度の症状低下を目的とした様々な方法で治療されなければなりません。

眼の発現の分類

因果因子の性質に応じて、顔の発赤は2つの大きなグループに分けられます。 1。 顔の生理学的発赤。 2。 顔の病理学的発赤。

生理学的発赤 人は以下の標識によって特徴付けられます。

  • 刺激性の開始後の速い外観。
  • 刺激性因子の終了後の急速な消失。
  • 高さの重症度の程度は通常、外観の直後に最大に達しています。
  • 発赤の消失後、肌はその通常の外観を取り、それに変化はありません。
  • 発赤は独立して通過し、特別な治療法を必要としません。
  • 刺激性因子の作用に対する持久力を高めるための定期的な訓練によって、赤みの重症度が低下する。
  • 発赤は悪影響を与えません。

すなわち、人の生理学的発現は、皮膚または因子の血管や血管にとって不利な影響に対する体の正常な反応です。顔の生理学的発生は依頼されず、かゆみと組み合わせることはできないことを忘れないでください。

、剥離または乾燥

。そして燃えるような燃焼感は顔の生理的な高さに伴うことがあります。 したがって、生理学は、以下の要因にさらされたときの顔の皮膚の発赤に起因しています。 1。 風; 2。 顔の皮膚と接触する低い周囲温度(例えば、氷水で洗い流し、風邪などのものなど)。 3。 高い周囲温度(熱、詰め物、お湯、長期のホットタブまたは魂、破断面など)。 四。 紅茶、コーヒー、紅茶、鋭く、または辛い食べ物と顔の発赤

; 五。 喫煙

; 6。 アルコール飲料の消費。 7。 布で肌をこすります。 8。 精力的なマッサージ過ぎる

肌の顔 9。 顔の皮膚の中の化粧品の精力的な摩擦。 10。 体操や勤勉な作業を行う。 十一。 睡眠不足; 12。 刺激性化粧品調製物の顔の適用(マスク、クリーム、スクラブなどの手段、皮膚への血流を強化する)。 13。 神経質の緊張や精神的な興奮。 14歳。 ストレス; 15。 鬱病

; 16。 低い自己評価; 17。 心理的複合体

顔の生理学的発現のために、ほぼ全体の皮膚の体積の関与は特徴付けられ、すなわち、頬、額、鼻およびあごも同時に頬を捕獲する。機械的な露光の結果として皮膚の発赤が起こった場合(手、布、エネルギー的なマッサージなどで皮膚をこする)、この行動にさらされたプロットのみが赤面するでしょう。生理学的発赤の部位は通常明確な境界を持たず、そして滑らかに通常塗装された皮膚に入る。誘発因子の影響を止めた後、生理還元は急速に通過し、特別な手段によって排除されるべきトレースや否定的な影響を残していません。

病理学的発赤 内臓、血管、陰性環境要因、アレルギー反応または炎症過程のさまざまな疾患によって引き起こされます。すなわち、天然に起因できない要因は、それらが様々なユーティリティに固有の皮膚内の反応を誘発するので、その人の病理学的発赤(例えば、アレルギー、炎症など)を引き起こす可能性がある。

これは、皮膚内の顔の病理学的発赤において、答えの正常な生理学的プロセス、および炎症、萎縮などの病理学的な高さであることを意味します。したがって、顔の皮膚の病理学的発赤は、かゆみ、燃焼、剥離およびその他の不快感を組み合わせることができる。 症状 発赤の分野で。病理学的発赤は滑らかな鮮明な境界を持ち、皮膚のさまざまな部分に配置され、大きい面積を占めています。したがって、場合によっては、肌の病理の発赤は鼻の地域にのみ局在しています。 顔の病理の発赤のために、以下の機能が特徴付けられます。

  • 時間の経過とともに重症度の強化と共に発赤の外観が比較的遅い。
  • 発赤の長い存在
  • 発赤は独立して通過し、それを排除するためには、挑発係数を排除する必要があります。
  • 赤の誘発因子を排除した後、それは完全に行くことができず、痕跡は皮膚に残り、それはさまざまな方法を除去する必要があります。
  • 発赤の重症度は長い間ほぼ一定のままであり、挑発因子の挑発の場合にのみ増加します。
  • 発赤はさまざまな悪影響を引き起こす可能性があります。

皮膚の発赤の長期存在を統括的にすると病理学的です。したがって、何らかの理由で、人がしばしば赤面の人を持つことが多いので、どの疾患が彼の病理学から肌の発赤を引き起こす可能性があるかを調べるために医師に相談する必要があります。

顔の病理学的赤は、例えば、Cookeroz、Rosacea、皮膚炎などの様々な特別な名前を身に着けている可能性があります。

等様々な病理塗装オプションの類似の名前が疾患の名前であり、その主な徴候の1つが識別された皮膚の色の変化の存在です。すなわち、顔の実施形態が任意の特別な名前で示されている場合、これは、私達がそのような構造および皮膚の外観の変化によって特徴付けられる任意の特定の疾患について話していることを意味する。顔の発赤が病気の主な徴候ではない場合、それは特別な用語を示さないが、単にそのような病理学、症候群または状態の背景に対する発赤を言う。

生理学的および病理学的論理学の皮膚の発赤のこの主な部門に加えて、医師は通常正確な局在化、日陰、亜麻の形、かゆみの存在または不在を記述し、剥離

、乾燥、亀裂、その他の発赤地域の外部徴候。これらの特徴による多くの品種の発赤は、診断を明らかにし、治療の最適な戦術を決定し、その症候性薬物が問題を完全に排除し、生活の質を向上させるために必要な症候性薬物の明確化を必要としています。治療段階中。皮膚の顔の面積の特徴のさまざまな組み合わせのかなり大きなスペクトルのために、私たちは直ちに顔のどれだけのエッジがどのように誘発されるかをすぐに示す理由の原因でそれらを与えます。

肌の顔の発赤 - 写真

この写真は「バタフライ」の形で顔の発赤を示しています。これは鼻や頬に局所的に局在しています。顔のこの実施形態は全身の赤いループスの特徴である

.

この写真では、rosaceaで顔の発赤を描いた

.

この写真では、緊密な毛細管が裸眼で皮膚に見えるように密接な毛細血管との顔の発赤。

この写真は、接触皮膚炎の顔の特性の発赤を示しています。

顔の発赤の原因

原因となる要因の性質に応じて、人の発赤の理由の全体的な一連の理由は、2つの大きなグループに分けられます。 1。 物理的(外部)原因 2。 病理学的(内部)原因

身体的な理由

したがって、物理的な理由は、以下のような自然環境要因を含む。

  • 風;
  • 温度効果(熱、風邪、暑いまたは氷水など)。
  • 皮膚の機械的摩擦(擦り、濃いマッサージ、化粧品の精力的な摩擦など)。
  • 太陽光線(皮膚の日焼け)。
  • ほこり(ほこりが顔に当たったほこり、その長期フトリング)。
  • 身体的ストレス(作業または積極的なトレーニング)。
  • 面がワックスレベルを下回っているときの傾斜位置に長い滞在(例えば、チルト、チルトアップなど)。
  • やけどやけが

身体的な理由は、迅速に通過する人の生理学的発現を引き起こすので、原則として、それらの識別および排除または影響の最小化は困難ではない。したがって、我々は、身体の機能の障害によって引き起こされる顔の発赤の病理学的原因について、より詳細に議論します。

病理学的な理由

人の発赤のすべての病理学的原因は、誘発因子の性質に応じて、以下の大きなグループに分けられます。

  • アレルギー上の理由
  • 感染の原因
  • 炎症過程
  • 血管疾患
  • 内臓の病気
  • 精神的な理由。

顔のアレルギーの赤み

したがって、顔のアレルギーの発赤が生じます。この場合、挑発因子が実際には実際には実際にはアレルギー反応が強い影響に応じて始まる可能性があります。しかし、最も頻繁に人のアレルギーの発赤は、製品や薬物の使用、またはアレルギーを持つ物質(花花粉、毛羽)と接触しています。

。顔のアレルギーの発赤の特徴を特徴とする特徴は以下の通りです。

  • 赤い明るい;
  • ある程度の顔のすべての皮膚または他の皮膚は赤であるが、最も顕著な発赤は頬と鼻の間の油性成長の分野で最も顕著な発現が観察される。
  • 赤くスウェットシャツ。
  • 赤みの分野でかゆみ。

さらに、かゆみと浮腫

人のアレルギー性の赤みが皮膚に創傷、傷、ひび割れを生じさせることができる。

そして炎症過程の発達

顔のアレルギーの発赤は、皮膚炎の形でエピソイドまたは流動する可能性があります。顔のエピソディの赤みは、その人が過敏性を持つ誘発因子に接触するときに発生します。この因子の終了後、顔の発赤は完全に通過されます。皮膚炎は、絶えず流れるアレルギー反応によって支持された顔の皮膚の慢性炎症過程である。エピソードアレルギー革の革の顔が自分である場合、皮膚炎は深刻で長期的な治療を必要とします。赤みの分野の皮膚炎の間に、にきびが現れるかもしれません

ラッシュ要素

、亀裂、泡、銃。

感染顔発赤

顔の顔の感染の発赤は、感染性の炎症性プロセスを誘発する表皮または真皮病原性微生物の構造への浸透によって引き起こされます。顔の最も頻繁な感染塗装は復調です

どのダニが皮膚に入ってくる。さらに、人の皮膚の感染の赤は信じています

、下品なニキビ、インフルエンザ

トリプロフィッシュのような真菌性疾患

、マイクロエコーアなどは独特の顔の発赤の選択肢が赤小小型の発疹であると考えられており、革の損傷で発生する感染症における肌の色の変化

、スカーラチナ

、風車

感染の赤は抗生物質での必須治療を必要とします

そして他の抗菌手段。顔の皮膚の感染の赤みの特徴は、感染が発生した厳密に局所的な病巣の存在です。

炎症性顔スキン

炎症はかなり一般的であるため、炎症は様々な要因にさらされたときに発達する可能性があるためです。人の炎症性の特徴的な例は、誤って選択された、または質の低い化粧品、ならびに光増感または皮膚疾患の現象(皮膚炎、乾癬)に対する反応である。

、湿疹など)。

ほとんどの場合、女性と男性は化粧品の適用に応じて発赤の形で皮膚反応を検討します

アレルギーですがそうではありません。事実、同様の反応は、応答が発生していることが化学物質の悪影響ではないという正確に炎症です。炎症性発赤は、病理プロセスの重症度、ならびに負因子の持続期間および強度に応じて、独立してまたは需要治療を受けることができる。

光増合化は、様々な薬品の受容の影響下で発生した皮膚の皮膚の感度の向上であるか、または処置を実施する。光増感の場合、発赤、かゆみおよび浮腫によって特徴付けられる、皮膚上の皮膚に炎症過程が発達している。感動化は、それを体から誘発した薬剤を除去した後に通過し、原則として特別な治療を必要としない。

内臓の疾患のための皮膚の発赤

内臓の疾患のための皮膚の発赤は、いかなる状況下でも消えない一定です。この場合、顔の発赤は疾患の症状であり、したがってそれを排除するために人間の病理を治すことが必要である。そうでなければ、人の発赤を排除することは不可能です。

したがって、様々な重症度の人の発赤は、内臓の以下の疾患で開発する可能性があります。

肌の発赤の精神的な理由

皮膚の発赤の精神的な理由は、顔面上の血管の拡大を引き起こすことができるさまざまな心理感情的要因と条件です。以下の要因は、赤みの精神的な理由かもしれません。

  • 強い感情的なストレス
  • 重要なイベントの前の興奮(例えば、インタビュー、観客の前のスピーチなど)。
  • 強い感情や感情(恐怖、恥、喜び、制約など)。
  • ストレス(ブッシッシュ症候群);
  • 憂鬱
  • 自尊心を軽減しました。
  • すべての行動、人などへの複合体、恐怖および心理的障壁

別途、最も詳細なものは、刺激的またはストレスの多い状況における人の発赤によって特徴付けられるブリッシング症候群の上で止まられている。赤みは通常、さまざまなサイズのスポットの形で顔に位置し、長く通過しません。ブッシング症候群を備えた顔の顔面は、興奮点、例えば、人々との知人、パフォーマンス、感情的な議論などで文字通り開発することができます。このような目に見える反応は彼の興奮を発行するので、顔の発赤の攻撃を抑えることができないことは、そのような目に見える反応が彼の興奮を発揮するので、人を不便と不安定にします。

ブッシッシング症候群の発達のメカニズムは、強いストレスだけでなく直面の血管を急激に拡大する交感神経系の簡単な強化作品です。

しかし、わずかな興奮とも。通常、交感神経系はそれが深刻な力で心理的または感情的な効果だけで、それが彼の顔に赤く見えるように反応するように反応します。そして、滲み症候群では、交感神経系は激しく、人の発赤、微量の興奮や電圧でさえも人の発現と急激に反応します。

ブラシング症候群では、薬物治療は非効率的で、交感神経系の反応性を変えることができないためです。ブッシング症候群を治療する唯一の有効な方法は、脳から来る神経上のクリップを切断またはオーバーレイすることです。

信号がそれらの急激な膨張に伝達される血管は、顔の発赤の形で現れます。

血管疾患

血管疾患は、顔の顔の開発の最も頻繁な原因の1つです。だから、ほとんどの場合、すべての血管疾患の中で、rosaceaとCookerozの顔が引き起こされます。

rosaceaは、温度が変化したとき(冷たいから熱への遷移)またはそれが皮膚に悪影響を及ぼすとき、劇的に拡大された血管の遺伝的に決定された高い反応性です。風邪、塵埃嵐など)。ロサチーアを持つ人々に自然の身体的環境要因の影響に応えて、皮膚の赤面は大きく、主観的な灼熱感の感覚が生じます。発赤は長い間保存され、非常に顕著です。原則として、環境条件下での標準の皮膚はブルースと健康な人々の中で、しかし快適な条件への移行後の瞬間後、それはトレースなしで通過します。好ましい条件への移行後にrosaceaが赤のときは、かなり長い間保持されます。

rosaceaは、皮膚を赤くすることに加えて、ピンクのニキビと鼻の肥厚とのような2つの形でさえ流れ、結節と皮膚の形成を伴う鼻の肥厚。それは顔の発赤、ピンクのニキビ、そして鼻の肥厚がrosaceaの一貫した段階であると信じられていましたが、現在裏付けられています。したがって、顔の孤立した発赤、ピンクのニキビ、および鼻の肥厚は、rosaceaの3つの異なる形態であると考えられています。これは非常にまれな場合には互いに移動できます。

協力症は皮膚上の伸長血管であり、その結果として顔が絶えず明るい赤い色で塗られています。通常、Cooperozはさまざまな病気の結果です(例えば、高血圧症など)

、ロサセア、肝硬変症

胃炎

酸性度が低下しているか、または路上での長期にわたって(たとえば、冬の時間の通りなど)。診断

皮膚上の状態が明確に目に見えるように、皮膚上の条件が明らかに見えるように非常にシンプルなので、明るい赤または境界線は畳み込み血管、いわゆる「血管星」を拡大しました。

CookerozとRosaceaに加えて、その人の発赤は次の血管疾患によって誘発されます。

  • 血管腫皮膚
  • Casabach-Meritt症候群 、新生児の発展(顔の皮膚上には血管腫、貧血と組み合わせ、血小板の総数の減少)。
  • ClipPel-Treenone-Weber症候群 それは遺伝性疾患であり、顔面上の赤いスポットの存在(「ワインスポット」)が、静脈瘤と筋肉肥大、骨、靭帯および腱と組み合わされています。
  • 病気オスラーランドゥ 皮膚に多数の血管の「星」がある遺伝的な病気です。
  • ルイバー症候群 それは顔の皮膚上の血管の「アスタリスク」、動きの調整の中断、ならびに免疫の減少を表しています。

さまざまな顔の発赤のオプションの考えられる原因

顔の顔面は、かゆみ、乾燥や燃焼などの他の症状と組み合わせることができます。持続可能で典型的な症状複合体は、かゆみ、燃焼、乾燥、または皮膚の剥がれの組み合わせの形の形で、特定の状態や疾患の徴候です。 発赤と皮 ほとんどの場合、最も多くの場合、復調中の気象条件(熱、霜、風)に対する感度が高く、そして質の高い化粧品を使用するときにも開発します。剥離と発赤が20日以上持続した場合、我々は、乾癬、湿疹などのアビタミノ症や皮膚疾患について話しています

、皮膚炎など 発赤とかゆみ アレルギー反応の特徴しかしながら、かゆみが顔の剥離または乾燥皮膚と組み合わされているか、または20日を超えるままであると、高度の確率で皮膚疾患が開発されている。 乾燥した肌と発赤 それは通常剥離を伴う、したがって、アレルギー反応、気象条件に対する感受性の増加、質の低い化粧品の使用、または大量の化粧品、アビタミノ症の使用を特徴とする。

または皮膚疾患。さらに、皮膚の乾燥および発赤は、内臓の疾患の特徴です。 発赤と燃える肌 ロサセアおよびアレルギー反応の特徴さらに、燃焼感のある発赤は、皮膚の不利な条件下で、または血管の急激な膨張の背景、例えば寒さで、風の中で、風の中での、身体的な仕事や訓練の後、興奮の瞬間などの瞬間の後に頭の下の頭を持つ位置 鼻の周りの顔の皮の赤み 原則として、周囲性皮膚炎の症状です

または消化管の臓器の疾患。

赤い肌の治療

治療の一般原則

人の発赤の治療は、2種類の治療 - エチオトロピックおよび症状を適用することです。 エチオポピック療法 顔の因果因子を排除することです。内臓の病気がそのような要因として機能する場合、それは正しく治療されなければなりません。人の発赤の理由が心理的要因であるならば、心理療法の過程が開催されるべきです

そして神経系の反応をさまざまな事象への反応を制御するための訓練方法。人の発赤の理由が自然な自然要因の影響である場合、あなたは保護化粧料を使用するだけでなく、それらの影響の時間と程度を減らすように努力してください。 症候療法 顔の発赤は、この特定の時点でこの現象の重症度を減らすことです。つまり、実際には、症状の治療はしばらくの間症状の除去(顔発赤)です。顔の発赤の症候性排除のために、ナフチジンのような血管を狭くすることができる特別な手段が使用されます

、アロエジュース

クールな水などを洗う。

サロンの化粧品の手順は、人の発赤を排除することを可能にしますが、その効果は人体の全体的な状態、慢性疾患の存在、およびスキンケアの存在にどれくらいの時間も残っています。したがって、サロン手順の助けを借りて排除後しばらくした後、顔の発赤が内臓の疾患によって誘発された場合、この問題は再び現れます。しかしながら、化粧品手順は有効であり、したがって顔の発赤の症状治療として使用することができる。

したがって、外部の物理的要因の影響に関連した人を赤くするとき、最も効果的な表面化学剥離は最も効果的です。

。皮を剥がして皮膚に赤くなると、凍結防止と機械的洗浄が最良の効果があります。そして血管の「星」の存在下では、それらのレーザーまたは電気凝固術の手順を実行することが必要である。

エチオトロピックおよび症状の治療に加えて、重症度を低減し、顔の発赤の外観を防ぐために 次の規則に常に準拠しています。

  • わずかに温かい水だけを約32 - 34だけ洗い流してください oから;
  • タオルを洗った後に顔をこすらないでくださいが、穏やかにナプキンを洗います。
  • 化粧品は、皮膚に皮膚の皮の動きを皮膚に塗ること、そして精力的な摩擦ではないことを意味します。
  • 顔を壊さないでください。
  • 長期的な温浴やシャワーを浴びないでください。
  • サウナや風呂を訪問することを拒否する。
  • 顔にホットマスクを塗らないでください。
  • 激しい攻撃的な洗浄、アルコールローション、風味付けゲル、石鹸を使用しないでください。
  • 肌を洗浄し、香りを含まない化粧品の取り外しにソフトツールを使用してください。
  • 午前中は、肌に適切な保湿剤を塗り、栄養クリームを洗浄した後に夕方に塗ります。
  • 脂肪茶、コーヒー、アルコール、シャープ、甘い、揚げ皿、ペストリー、お菓子、チョコレート、そしてファーストフードを除く。
  • 喫煙を拒否する。
  • ヘビートーンクリームを顔に適用しないでください。必要に応じて、グリーンセフィットを使用するために赤みをマスクしてください。

血管の壁を強化し、発赤の重症度を低下させるために。緑茶を含む化粧品を選択することをお勧めします

、ミモース、栗

、青リンゴまたはオレンジ色

植物の植物抽出物は血管階調を改善するからです。

スキンの発赤を取り除く方法

人が任意の状況で顔の発赤をすばやく排除し、肌の普通の色を与える必要がある場合は、次のようにしてください。

  • ナフチジンの滴で顔を拭きます。
  • ポテトジュースで顔を拭くか、水ポテトデンプンで希釈しました。
  • 強いお茶で顔を拭きます。
  • 沸騰した水のガラスのカモミールやパセリの煮物で、30分間去り、その後顔を拭く顔が拭きます。
  • 冷たい水で洗う。

これらの方法は、高さをすばやく取り除くのに役立ちますが、それらは絶えず使用に適していません。したがって、緊急かつ迅速に個人に普通の色を与える必要がある場合にのみ緊急事態にのみ使用できます。さもなければ、顔の発赤の問題に対処する必要があります、それは体系的かつ一貫して戦う必要があり、マスク、クリーム、その他の手段をなだめる必要があります。赤みの複雑な治療のみが、人を長い間赤くするという問題を取り除くことができます。

赤い肌の施設

顔の皮膚を赤くする手段には、クリーム、軟膏、マスク、チャンピオン、洗濯ローションが含まれています。そのような手段は、薬学的化学薬物の中で独立して調製するか、または選択することができる。

顔の発赤を排除するための最適な特性は、アロエエキス、カモミール、パセリ、青リンゴ、栗、ミモザ、ラベンダーオイルを持っています

、緑茶、Gerani

、ブドウの骨やアーモンド。これらの構成要素は、顔の発赤を排除するために使用される化粧品に含まれていなければなりません。そのような化粧品が何らかの理由で不可能であるならば、通常の化粧品のツールで特定の油を、クリームまたはローションの半分の小さじ1杯に比例して追加することは不可能です。

洗濯のための注入、圧縮および施設

化粧品に加えて、発赤を排除するために以下の自宅の救済策を使用することをお勧めします。

  • アロエジュース。 新たにカットされたシートからジュースを絞り込み、それを直面してください。アロエジュースが乾燥すると、栄養クリームを適用する必要があります。治療の過程は、1日に1回の1回の2~3週間です。
  • カモミール製の圧縮。 カトラリースプーンフルカモミールグラスは沸騰した水のガラスを注ぎ、30分間も主張し、その後株です。次に注入中、クリーンガーゼや布を湿らせ、顔を20~30分間貼り付けます。圧縮は1日1~2回、長期間にわたって行うことができます。
  • カモミールまたはパセリの注入を洗い流す。 注入は圧縮と同じ準備をしていますが、朝と夕方に1日2回洗濯するために水の代わりに使用されています。
  • 強い紅茶から圧縮します。 生茶は室温に冷やし、その後、ガーゼやきれいな布で湿らせ、それを顔に20~30分間置くことができます。圧縮は1日1~2回、長期間にわたって行うことができます。
  • ジャガイモジュースで顔をこすります。 肉挽き器を通してジャガイモをスキップし、ガーゼの肉を集めてジュースをよく絞る。洗濯後1日に2~3回の顔を拭きます。

赤い革のクリーム

準性系のクリームは、rosaceaと復調症を治療するために使用され、そしてまた発赤を除去し、炎症を減らし、そして顔の発赤の間に生活の質を向上させます。

顔の皮の赤みのクリームは、ホップ抽出物と同様に香料を含んではいけません

そして蜂蜜

。高さを排除するために、ビタミンを含む栄養クリームを最適に使用します

E、C、グループB、および青リンゴの抽出物

、緑茶、オレンジ、栗またはアーモンドオイル

、GeraniとGrape Bones。洗濯後の夕方にはクリームデータを肌に適用する必要があります。

顔の皮膚の発赤からの軟膏

顔の皮膚の発赤からの軟膏は、血管を強化し狭める成分を含みます。現在美容師

スロッコシャジンの軟膏を適用する赤い肌の顔の治療に推奨

洗濯後2回2回適用することによって。

顔のマスク

顔の皮膚の発赤からのマスクは、コース、すなわち8 - 10の手順を作る必要がある効果を得るために適用されるべきである。最も効果的なマスクは次のマスクです。

  • 酵母マスク。 ベーカリー酵母20g暖かい牛乳を飲みながらサワークリームの一貫性に適用され、顔に適用されます。その後15~20分のままにしてお気に入りの水で洗浄した。マスクは1日おきに行われるべきです。
  • パセリでマスク。 細かくパセリを脱ぎ、サワークリームと混ぜる。得られた混合物を表面の皮膚に分布して15分間残し、その後それを温水で洗浄した。マスクは1日おきに対面に適用されます。
  • カッテージチーズをマスクします。 2杯の大腸のコテージチーズ、植物油1杯のピース(より良いブドウ骨や桃)と3 - 5滴のグレープフルーツジュースを混ぜる。得られた混合物を表面に塗布して20分間残した後、冷水で洗い流す。マスクは毎日行うことができます。
  • イラクサとプラントのマスク。 同量のイラクサ葉とPlantainが洗練され、急送のブレンダーで洗い流され、その後数量のレモン汁を加えます。発赤の分野に既製の混合物を課し、15分間出発した後、冷水で洗い流される。
  • きゅうりのマスク。 キュウリを皮から剥がしたまま、1:1の比率でカッテージチーズと混ぜて、数滴のオリーブオイルを質量に加える。顔に混ざり合わせて15分間去り、その後温水で洗い流した。

顔の発赤:ロサチー - 原因とリスク要因、症状、合併症、治療と予防 - ビデオ

顔の皮膚の発赤:脱遺伝子症 - 理由(脱皮巨大)、タイプ(一次、二次)、臨床症状、症状、診断(検査、掻き取締め)、治療方法、予防(フェイスケアおよび適切な栄養)、美容専門科目のヒント - ビデオ

サイトの機能に関連するすべての問題については、Eメールアドレスに連絡することができます。電子メールアドレス:[email protected]または電話で:+7(495)665-82-37

高血管顔

高血管顔

- 顔面の肌の赤みは、霜の天候の中で、暑さや息苦しい部屋の中で頬に現れます。

強い感情的な励起と物理的な労力の増加を伴う、風邪の中に体温を高める場合には、強壮性の顔および首の肥大が観察されます。原則として、これは通常の現象であるため、列挙された因子の影響下では、顔面にある血管内に血管(潮)の流れが増加している。臨床医学におけるいわゆる一過性表面血症は病理学とは見なされない。

しかしながら、顔の顔の高血管は、頬、あご、鼻の上に現れる汚れの出現があり、同時に船舶を溢れさせるのは明らかな理由はない。

高血管顔の原因

事実、人の血管血症の原因は、顔面の皮膚の発赤が症状の1つである疾患と病理の非常に堅調なリストによって表現することができます。私たちは最も一般的なものに滞在しましょう。

アルコールを乱用する人々では、アルコールを飲んだ後だけでなく、血管の伸びが血管の伸びがあるため、肝臓の伸びのために常に深紅色の色と、エタノールの酸化によって得られる酢酸アルデヒドを変換することができません。

顔と首の肥大症は、女性の閉経後に発生します。脳波の急激な増加を伴ういわゆる市の潮汐は、血管を含む、性ホルモンシステムのシステムの再編とそれに反応することを引き起こします。

高血管顔の原因は次のとおりです。

  • システムの赤いループス。
  • 高血圧症(血圧の増加)。
  • ヒート温熱療法(過熱);
  • 内分泌系の病理(糖尿病、甲状腺機能低下症);
  • 紅斑性rosacea(慢性炎症性皮膚病);
  • アレルギー;
  • 猩紅熱;
  • 肝臓や膵臓の問題。
  • 赤血球症(血中の超高ヘモグロビン含有量)。
  • エリトロホビア(ブッシッシュ症候群);
  • 獲得心拍数(僧帽弁狭窄)。
  • カーチノイド症候群(腸腫瘍の存在下で)。
  • 薬物の副作用(ホルモンを含む)。

エリスロフォビア によって引き起こされた五宮顔面 ブラシング症候群 顔の予想外の発赤にそれ自身を明らかにし、定期的に、そして明らかな原因がない(最もわずかな人の興奮させる)。生理機能の観点からは、毛細血管もここで発生し、それらの血液の充填が増加する。しかし、顔の皮膚の病因側血眼症から ブラシング症候群 神経系の機能障害に関連しています。

高血管顔の診断

原則として、人の血管症の診断は皮膚科医によって行われなければならない。しかし、顔面の皮膚の発赤は、いくつかの病気を伴うことを考えると、この病理学を持つ患者は包括的な検査に保たれるべきです。

これを行うために、医師はアナムネスを集める必要があり、患者を慎重に調べる必要があります。血液検査と尿をスケジュールする。パルスと血圧の測定を行う。発赤が皮膚科論的病状に関連している場合、専門家はその治療の戦術を直ちに決定することができます。

血眼症が代謝障害の症状、癌および心血管系の問題である場合、審査および診断のために関連する専門化の医師に訴える必要がある。

高血管顔の治療

その人の短期一過性血心は治療を必要としないことに注意してください。行動の停止がその要因を引き起こした後、レッドストッキングそれ自体が消えます。

もう1つのことは、顔血眼症がある病理学の症状の一部の一部であるときです。しかし、症候性療法は主な病気を取り除くという問題を解決しないので、それは別々の治療の影響を受けません。したがって、それを治療する必要があります。

顔の顔の高血管の治療に留める ブラシング症候群 これについて上で説明した。この場合、精神科医、心理療法士、またはシーケティングを克服するための技術を所有するのは、興奮を克服するためのテクニックを所有する(自己圧力、筋弛緩、呼吸演習、瞑想など)。薬物、特に鎮静剤およびベータ遮断薬は、患者を調べて正しい診断を設定した後にそれらを割り当てることができるだけで医師のみを割り当てることができる。例えば、神経電圧を低下させることは、バレリア人、染色、ならびにコルバロール、ヴァルコルド、ヴァルクルム(1日2~2回滴)のチンチングを推奨することができる。

心血管疾患に使用されるベータ遮断薬は、心臓沈着体に対するアドレナリンの影響を妨げ、それは心臓の略語および血圧の頻度の減少をもたらす。そのような薬物の標準的な副作用:めまい、睡眠障害、呼吸困難、性的球の問題、疲労感など

顔血血症の外科的治療がいつ提案されています ブラシング症候群 - 交感神経バレルの部位の除去が行われる内視鏡的症状。その結果、神経インパルスの通過、それは血管の伸びを引き起こし、それらの血液を充填する。操作は最小限の侵襲的ですが、多数の副作用に含まれています。

特別なクリップの助けを借りて脇の下の分野で神経循環の内視鏡船を実行することも可能です。この方法の有効性は最大85%であり、その最も頻繁な悪影響は汗の選択の反射増加です。

顔の発赤が純粋に美容的な不利な点であるとき、美容師は皮膚容器のレーザー凝固を助言することができる。この手順は人の血管症の治療のために設計されていますが、慢性的な先天性または皮膚の小さな血管の拡大から生じる顔の核血管メッシュと「星」の排除には設計されていることに留意すべきです。 (Teleangietia)。レーザー凝固後、血管は再び顔の皮膚を鮮明にすることができ、さらに汗腺に違反する大きなリスクがあります。

高血圧顔の予防

高血管の予防における専門家の最も一般的な推奨事項の中で、以下に注意してください。

  • オーバー冷却しないでください、過熱しないで、紫外線を乱用しないでください。
  • 寒すぎる、またはお湯があまりにも洗いすぎないように。
  • まず、まず筆記皮膚の切断と刺激性の手段の顔を掃除しないでください。
  • スポンジで肌をこすらないでください、ハードタオルで拭いてください。
  • 急性と脂肪を過保しないで、コーヒーとアルコール飲料の使用を制限します。
  • より多くのビタミン、特にA、S、E、KおよびRを食べる。

前へ次へ

Добавить комментарий